食品

セブンウォーターが最安値で最強の水素水って本当?

更新日:

 

最近、水素水が話題になり注目を集めています。

水素水を飲んでいると、お肌がきれいになったりするよーなんて話を耳にしたことはありませんか。

老化の原因といわれている悪玉活性酸素、これを取り除いてくれるものが水素水なんですね。

水素のパワーはメディアにも取り上げられ、モデルさんや美容関係者・スポーツ選手も続々と飲み始めているみたい。しかも、医療現場などでの使用も始まっているようです。

でも、いっぱいあって選ぶのが難しい・・・

そんな水素水なのですが、現在120種類以上もの種類が市販されています。

「こんなに種類があるとどれを選んだら良いか分からないよ~」って悩んでしまったあなた!

大丈夫です!簡単に良い物を選ぶポイントがあるので教えちゃいますね。

 

それは・・とにかく水素濃度が高いものから選んでみよう!ということです。

お水自体の水質も大事なのは間違いありません!しかし、水素水に関しては水素に重点を置いて選んでいくのが得策だと私は考えます。

 

水素濃度も大事ですが、知っておきたいポイントがさらに2つとは?

 

水素が抜けないこと

水素は非常に小さい分子なので、ペットボトルでは抜けていってしまう。アルミ缶やアルミパウチだとしても濃度は下がっていってしまうようです。
ここで重要なのは、味や飲みやすさなのではありません。とにかく水素の量が一番取り入れるのが目的ですから、ペットボトルなどの商品は選ばないようにしましょう。

水素水を飲みたいのですから、口に入れる時の水素濃度にこだわりましょう。

 

続けられる価格

どんなに良い水素水だとしても、高すぎたら飲み続けることはできません。

実感するには、毎日飲み続けることが一番でしょうから。それなりの費用はかかるでしょう。やはりよいものだけど、これならいい意味で安い・お得だ!これなら毎日続けられるというコストパフォーマンスが良い物を選びましょう。

 

そして「水素濃度」と「価格」、このバランスが良い最強の水素水を見つけ出すことができました。

クオシアのセブンウォーターです。

こちらの水素水は医学博士も推薦しているものなので、とても信頼できる品質です。しかも水素濃度もずば抜けて高いにもかかわらず、500mLあたりの価格は安いという理想の水素水なのです。

しかも自分で作るタイプなので、水素が抜けている心配もなく、出来立ての最高のものを飲むことができます。

こでセブンウォーターのメリット・デメリットを簡単にまとめてみようと思います。

メリット

水素濃度がとにかく高い
水素が抜けているかも・・と心配しなくていい
水素濃度に対してのコストが圧倒的に安い

デメリット
自分で作るのがめんどうかもしれない
出来上がるのに24時間かかる

作り方はすごく簡単なので、慣れてしまえば全く苦痛はありません。出来上がるまでの時間は確かにかかりますが、作りおくのを忘れないようにすれば良いだけです。最高水準の水素濃度が手に入るのですから、これくらいへっちゃらですね。

 

 

セブンウォーターのお得な買い方

 

それでは、セブンウォーターはどこで購入するのが一番お得になるのでしょうか?

やはりネット通販といえばアマゾンさんや楽天さんなどで購入したいというかたも多いでしょう。しかし、

セブンウォーターは、アマゾンさんや楽天さんでは取り扱いをしていないようです。

 

 

結局、一番お得に購入できるのは公式販売ページのようです。公式販売だと高いんじゃないか?と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、
実際そんなことはありません。

スターターキット定期便ならば

通常 6,900円(税抜) → 5,600円(税抜) となり

1,300円割引で 最安値での購入が可能

しかも、2ヶ月目以降も5,400円となり1,500円お得になります。

 

セブンウォーター・スターターキットの中身は、専用耐圧ペットボトル2個・水素濃度を確認できる試薬・水素発生剤30包となっています。

 

税込みだと6,048円なので、500ml 1本あたり200円程度で飲めることになります。もちろん、ペットボトルのお水は水道水・井戸水で、水代は掛からないものとして計算しています。

そして、究極にこだわりたい場合、お気に入りのミネラルウォーターで作ってみると良いでしょう。水のコストも掛かるので高くなってしまうでしょうが、水質・水素量と最高のものが出来上がることになります。

それではこの圧倒的な水素水のチカラをあなたのカラダで体感してください!

 

 

 

水素濃度7.0ppm!!500mlあたり214円!!
今なら初回価格で、且つ送料無料!
高濃度水素水【セブンウォーター】

-食品
-

Copyright© アラサーのわたしが美魔女を目論むブログ , 2017 AllRights Reserved.