食品

【美女も注目】ケイ素たっぷりのクッキーを手に入れるなら♡激安公式サイトはこちら!

投稿日:

いま、健康や美容に良いらしいって「ケイ素」が人気になっているみたい。

海外では広く知られていて、薬として昔から使用されている国もあるんだそう。だから、海外のセレブ達もこぞってケイ素水が入っているミネラルウォーターを愛飲しているんですね~。

おしゃれや流行に敏感な、日本の芸能人やモデルさんもこれを見逃すはずがありません!だから、ファッション誌にも取り上げられるようになっているんですね。

わたしの場合はというと、『ケイ素』って初めて聞いた時「なにそれ?」という反応でした…。だって、コラーゲンとかプラセンタ・グルコサミンならテレビのCMで耳にしたことがあるのですが、ケイ素なんて今まで聞いたことこがなかったですもん。

でも、調べていくうちに「こんな物があったなんて、ビックリ。この成分は見逃せない!」って感じましたね。

もしかしたら、あなたも気になっているかもしれませんから簡単に解説していくことにしますね。まずは、ケイ素ってそもそもどういった成分なのかについて紹介することにします。

ケイ素ってどういうものなの?

 

ケイ素といっても、すぐにどのような成分なのか答えられるかたはあまりいないのではないでしょうか?

じつは、私も初めて聞いたときにいまいちピーンってきませんでした。でも知り合いに「ケイ素の濃縮液があるんだけど飲んでみるー?」「お酒飲んでるときに、一緒に飲むと二日酔いが違うから?(*´・ω・)(・ω・`*)ネー」

なんてすすめられて初めて「そんなものがあるんだ?」なんて知ったくらいですから。

では、ケイ素っていったいなんなのでしょうか?

ケイ素とは、難しい表現で説明すると「原子の一つ、原子番号は14番になります。」ちょっとチンプンカンプンですよね?

簡単に言うと、シリコンなら分かりやすいのではないでしょうか。一度は耳にしたことがあるでしょう。シリコンはカメラのレンズ・液晶ディスプレイなどにも使用されているんですって。

ケイ素はシリカとも呼ばれていますが、こちらのサイトではケイ素で統一して話をすすめていきますね。

工業製品に数多く利用されているイメージですが、体の中に含まれている成分として注目されているのがケイ素になります。

ケイ素の効果はホントに美容にも効果ある?

ケイ素は、皮膚の細胞や骨、爪や血管、毛髪まで、ありとあらゆる場所に含まれていて、特に皮膚を新しく作るために必要な成分になります。

なので、体の中のケイ素が少なくなってしまうと、爪が割れやすくなってしまったり、肌荒れを引き起こしてしまったり、皮膚の弾力がなくなってたるんでしまったりと、私達が気にしている美貌が失われてしまうということになってしまうんですよ?。

若い頃って、見た目は気にしていても食べるものまでそんなに気を使っていなかったのも事実。自分の食べたいものばかり食べていましたね。

でも、30代を過ぎてくると「あ~やっぱり」こういうことになるのね・・・なんて実感することになりました。

いくら、美容液やクリームでお手入れしていてもぱっとしない…なんて場合は、ケイ素不足の可能性を疑っても良いかもしれませんね。

ケイ素の効果についてまとめ
  • 体内の毒素・老廃物などを体の外に出してくれるデトックス効果
  • 体の中に溜まってしまう活性酸素の除去、アンチエイジング
  • 体のイオンバランスを整え、体内の機能を正常にする
  • コラーゲン機能をパワーアップ、美肌効果
  • 血管の中の補強・きれいにする効果
  • 腸内環境を整えて、食物繊維もサポート

では、どのように体に取り込んでいけばよいのか?こちらを解説していきましょう。食品の中にも含まれているので、食事で摂り入れていくことができちゃいますよ。

 

ケイ素たっぷりの食品は?

それではケイ素をたくさん含んでいる食材を、こちらで紹介していくことにしましょう。

穀物のキビ、じゃがいも、昆布、青のり、とうもろこし、アスパラガス、ひじき、ワカメなどになります。

基本的には、穀物や海藻に含まれていることがわかりますね。昔から普通に食べれれているものに含まれているんです。

食生活の変化や志向の変化からか、毎日食べるとなるとちょっとむずかしいかもしれませんよね。

自分で意識していなければ、ケイ素の摂取量は少なくなってしまうことになるでしょう。

食品だけで摂っていくのは大変だから

どんなにケイ素が美容やアンチエイジングにいいよって聞いたとしても毎日食事だけで摂っていくのって、飽きてしまうし料理のメニューを組み立てるのも大変になってしまいます。

それでも、毎日摂り続けるのが最も効果的とされています。

では、一体どうしたら良いの?

ケイ素って、「野菜ジュースのように気軽に飲んだりすることができないのかな?」なんて探して見つけたのがコレ!




ケイ素水やケイ素クッキーになります。水やクッキーなら毎日続けられますよね。食事の時でも、スポーツの最中でもいつでも飲むことができますから。

クッキーなら食事の後にちょっとデザート感覚で食べられるし、もちろんおやつや小腹が空いたときにも食べることができちゃいますね。

そしてもう一つ、そう!ダイエットに取り入れるなんて方法もありますよね。一日一回、食事と置き換えるだけでも手軽にダイエット効果を味わうことができますね。

実際に、ケイ素を最も良く体に取り入れるなら「高濃度のミネラルウォーター」が一番って言われているんですよ。

ケイ素はどこで手に入る?販売店はどこ?

ケイ素は、ケイ素専門販売サイトで手に入れることができますよ。もちろん薬局などでも市販されてはいるのですが、品質で選んでいくと専門店がいちばん良いというのは間違いありません。

そのなかでもパワーサイレックスがおすすめです。

こちらのショップの製品は、厚生労働省が飲食用を認めた安心・安全なケイ素を使用基準厳守で使用しています。

そして、日本で製造し原材料も日本産なんですって。

ケイ素クッキーを食べてみたいというのならば、こちらの専門ショップで手に入れることができますよ。

美味しく食べながら健康を目指すことができるので、人気になっているんですね。

ケイ素販売店で販売されている商品ってどんなもの

ケイ素クッキー

ケイ素を美味しくおやつ感覚で食べられるのが、ケイ素クッキー

クッキーの材料にも拘っていて、100%国内産のブランド小麦が使用さているんですよ。

ケイ素の含有量もたっぷりなので、シリカ水をペットボトルで購入し続けるのは予算的にも厳しいというのなら、クッキーを選んでみるのも良いかもしれませんね。

 

ケイ素濃縮液

純度99.9%のシリカを濃縮溶解させて抽出したもので、商品名は「珪素の光」になります。

こちらはペットボトルに入っているので、シリカ水と間違えないようにしてくださいね。こちらは適量を水で薄めて飲んだり、料理に混ぜて使うことができますよ。

 

ケイ素溶出焼石

シリカ水を自宅で自分で作ることができるのが、シリカシンターになります。シリカシンターをペットボトルに入れて一晩置くだけで簡単に作ることができます。

自分で作るほうがコスパも良くなりますね。毎日3円以下で飲める計算になっちゃうから驚きですね。

はっきり言って、手間を考えるにしてもシリカ水をペットボトルで買うのはもったいないかもーなんて考えてしまいます。

ケイ素たっぷりな『ケイ素クッキー・シリカシンター・珪素の光』公式販売店は⇒こちら!

ケイ素を飲むとどうなる?ちょっぴり不安!ケイ素には副作用ってあるの?

 

ケイ素って聞くと、ちょっと毒々しい成分のような気がしてしまうのは私だけでしょうか?ちょっといかがわしいような成分名なので、ドキッとしてしまいます。

毎日飲み続けても本当に大丈夫なの?なんて、気になってしまうかたもいるでしょう。なので、副作用があるのか?について解説していきましょう。

実はとっても安全

ケイ素は膠原質のミネラルとして厚労省が定める食品衛生法第11条3条の規定の中で「人に対して非常に安全性が高い栄養素である」と定めています。

たくさんの大学や医療機関でも研究や開発が進んでいて、医療分野で研究されているんですって!なので、食品にケイ素を添加する場合においてキチンと法律上認められているものを使用することが義務付けられているので、副作用もなく安心して摂取することができるでしょう。

ケイ素には、植物由来のもの好物由来のもの2つの種類がありますが、どちらも同様に副作用はありませんから心配はいりませんよー。

だからといって過剰摂取には注意!

初めて飲んだミネラルウォーターで、ちょっとお腹がゆるくなってしまった経験はありませんか?

これは、ミネラルウォーターに含まれている成分が引き起こしてしまうもの。

胃腸が弱い方は、量を調節しながら飲むようにしてください。美味しいからといってガブガブ飲みすぎたり、クッキーを食べすぎないようにしてくださいね。

飲んでみて、お腹がゆるくなったりしなければ徐々に量を増やしていくなど、体に慣らしていくのが最も安全ですね。

ケイ素にはデトックス効果や便秘を解消する効果もあるため、一時的ではありますがお腹がゆるくなったり、下痢・頻尿などの作用が起きてしまうケースもあります。

これは、体に害があるというわけではありませんから慌てずに!ちょっと飲む量を減らしてみれば、自然と落ち着いていくはずです。

赤ちゃんには飲ませちゃダメ!

赤ちゃんにはもともとケイ素などのミネラルが、体の中に存在しています。なので、自分からミネラルを補給する必要がありません。

だから、ミルク用のミネラルウォーターなども専用に販売されていますよね。赤ちゃんのミルク用のミネラルウォーターは、ミネラル成分を意図的に取り除いています。

一般的なお水なら大丈夫かもしれませんが、ミネラル成分が入っているものを飲んでしまうと過剰摂取になってしまう可能性があるので注意してください。

自分の健康に良いからと言って、赤ちゃんにも同じように健康に有用と言うわけではないので、ここを間違えないようにしてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?あまり馴染みのない成分のケイ素について、これいいかも!なんて感じてもらえたら私も嬉しいです。

美容や健康を手に入れるには、普段の生活にちょっとしたものを取り入れるだけでもガラッと変わっていくことができますよ。もちろんケイ素を取り入れることでいろいろな効果が期待することができますが、規則正しい生活や適度な運動なども大切なことを忘れないで下さいね( ´∀`)bグッ!

ぜひ、ケイ素を積極的に取り入れて素敵な生活を目指してください!

美容・健康・アンチエイジングと体に抜群の効果を発揮してくれるでしょう。

 

↓ケイ素クッキーの購入はこちらから!↓


-食品
-, , ,

Copyright© アラサーのわたしが美魔女を目論むブログ , 2017 AllRights Reserved.